« 2005年03月 | メイン | 2005年05月 »

2005年04月30日

茄子の定植

20050430112945.jpg

今年の茄子の定植を行う。

暖かくて、良い天気。

ブルーのフィルムは、寒い日や風の強い日、夜が冷え込んでも痛まないように、一月ほどかけておきます。

千両二号、米茄子、水茄子などを植え付ける予定。

投稿者 t_mobile : 11:55 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月27日

交通不安

小松発羽田行きJALの始発が機体整備故障のため、欠航。

2便目のANAは30分遅れでフライト。

電車の事故といい、毎日起きてる自動車事故といい、二十世紀の交通システムが、現代に適応できなくなっているのか、、

農業機械で年間四百人ほどの人たちが亡くなっている事実をどう認識するのか。

石川県の交通事故死亡者の約四倍である。


こうしている間に三田線での車輛故障のアナウンス。

交通システムの陳腐化なのか。

投稿者 t_mobile : 10:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月25日

軽トラック


長野にはこんなタイヤが着いた軽トラックがある。


雪の上で走るために作られたのかな?

投稿者 t_mobile : 21:41 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月24日

乾燥

温湿度計を下げてみる。

湿度約35%!

空気の渇く感じがよくわかる。

投稿者 t_mobile : 20:16 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月21日

穀雨

昨日、穀雨。

雨が、降りました。


ちょうど、荒越しも、ぼぼ終わり、良い雨でした。


みんなも、骨休めの1日でした。


季節は、平凡な日々を、自然との関わりについて気づかせてくれます。

淡々と、自然は移り変わり、人の営みも、そういう自然界からすれば、淡々としているわけで、そうした、社会がどうあるべきか。

ひとつひとつ、考えて、ものづくりをしてゆくことではないかと思います。

投稿者 t_butta : 14:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月20日

農業法人協会のHP

打ち合わせです。

投稿者 t_mobile : 17:51 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月19日

ウイルスの襲撃

今日の共同通信のニュースで高病原性鳥インフルエンザウイルスが豚に対して感染広がるというニュース。

豚にうつると、人にうつる可能性が、出てくる。

あと一年以内には、襲撃されるだろう。

鎖国されることになります。

2005年04月19日(火)

共同通信から

ウイルスの豚感染広がる 高病原性鳥インフルエンザ


 鶏に高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が流行しているインドネシアで豚にも感染が起きていることを、同国アイルランガー大と河岡義裕東大教授らの研究チームが19日までに、豚から分離したウイルスの遺伝子解析で突き止めた。

鳥インフルエンザウイルスが豚に感染すると体内で遺伝子の組み換えが起き、人に大流行する新型インフルエンザになる恐れが指摘されている。豚からの同ウイルス検出はベトナムと中国で報告されていたが、さらに感染地域が広がった。

同教授は「このウイルスが豚にまん延する可能性がある。そうなれば人で世界的流行を起こす恐れが強まる。監視が必要だ」と指摘している。

投稿者 t_butta : 21:23 | コメント (0) | トラックバック

会合

昨日、役所の部長+若手の皆さんと話す機会があった。

皆さん、やさしい心を持ったいい人たちばかりだ。

生活者感覚をもって仕事をされている。


どなたかが、究極のサービス業だから、この仕事に就いたと言われていた。


きっと、こういう人たちが、真の意味で、社会の中心となってゆくべきだ。

職権の大きさとは関係なく、ひとりひとりの想いが、良い仕事を進めることになってゆくだろう。


現実を見れば、簡単ではないことは承知の上だが、これをクリアすることが、我々に課せられた課題でもある。


私たちも、こういう人たちを応援したい。

投稿者 t_butta : 08:55 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月17日

芽だし

稲の苗をハウスに並べる。

一月ぐらいで田植えができる苗になる。

投稿者 t_mobile : 11:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月16日

農業は金儲けか

みなさんは、どう思われますか。

内山先生は、人道である言われている。


人道たるにはどうすればよいか。

生きることでもあると。

投稿者 t_butta : 18:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月15日

学校給食に出る車麩を発見。

お麩やさんに行った時に見せてもらいました。
自然乾燥ということでした。

車麩は、北陸だけらしいようです。

麩も耳がおしいということで、人気で在庫が少ないとか。。

これは、コメではなくて、小麦粉でつくられるとか。

投稿者 t_mobile : 10:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月13日

来社


常田農水副大臣が来社される。


人材育成についての、議論。

世界と集落の整理が必要。


知財と人財が、例外なく、農業の資源となる。

もはや、政治家は、生活者に接近するかである。

投稿者 t_butta : 20:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月12日

校歌


入学式で校歌を歌う。

歌詞が短い。

わかりやすい。

いい歌である。


そういえば、二十数年前、音楽の時間は一年間、古時計を歌い続けていた。

投稿者 t_mobile : 22:40 | コメント (0) | トラックバック

無形の価値


教育の成果はどうはかるか。

測ることそのものが、無意味なのかも知れないが、現代にあって、説明責任というやっかいなものがつきまどう。

教育という多様な価値の示唆が、評価と言うことに耐えうるのか。


知識社会へとどんどん進みつつある日本が、本当に評価すべきは、無形の価値。


スコアリングができるのだろうか。


やらなければならない。

投稿者 t_butta : 01:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月11日

齋藤さん(^^)v

齋藤さん(^^)v

投稿者 t_mobile : 17:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月10日

加賀にもうまい酒はあるが、能登でも光る酒がある。

五人ほどしか蔵人がいない小さな蔵で、良い酒をつくる。

池月である。


私は、ここの、蔵の方々を存じ上げないが、羽咋の酒屋さんを通じて、ここの酒を知った。

その前に、柿木畠の居酒屋でこの酒と出会っている。

加賀にも、私の好きな天狗舞という酒があるが、それとはまた、違った味わいである。

天狗舞の力強さ、信頼感とは、対照的に、優しきというか温かさが伝わってくるのである。

先日、能登に行った帰りに羽咋のみやたにさんへ立ち寄った。


あらばしりの四合瓶を買う。


店主とその奥様の対応がとても心地いい。


ここが、池月の地元酒販店の本家。


つくることと、うることの関係がすばらしいとも思った。

大事なことを学んだ。

投稿者 t_butta : 19:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月09日

水の話で有名な話がある。

小麦を1㎏つくるのに、1,000㎏の水がいるという話。

アースポリシー研究所 所長 レスター・ブラウン氏が言っている。

そうなると、肉はどうなるだろうか。濃厚飼料だけでも、1日10㎏だとすると、20ヶ月で6,000㎏の穀物を食べることになる。肉1㎏あたりにすると、20㎏ぐらいの穀物となれば、20,000㎏(20トン)をつかって肉が1㎏生産される事になる。

ハンバーガー1個で、1,000㎏の水がいるという報告もある。

水田はどうなんだろう。小麦の何倍か想像がつかない。

温暖化によって、砂漠になる日は、そう遠くない。

投稿者 t_butta : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月08日

のと


能登にいった

日差しは、柔らかい



帰りに、ヒコーキ雲をみつける

どこへ向かうのだろう

投稿者 t_mobile : 10:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月07日


稲の種のことを種籾という。

http://www.zenchu-ja.or.jp/other/AGURI/NOUKA/nouka_crops02a.html
(ここの写真は、ほとんどうちのものです。)


いつの頃から、稲作が始まったのか定かではないが、私の事務所の前の農地からは、弥生時代後期の遺跡が見つかり、稲作のあとが発見されました。

今の、自宅の下も集落の跡だそうです。

稲の歴史は、日本文化の歴史でもあります。

http://trg.affrc.go.jp/v-museum/history01/history01.html

個の時代にあって、集落は、今も、カタチは残っていますが。

機能は、大きく変化しています。

何しろ、冠婚葬祭を自宅でやらなくなったことが大きい。

先祖の話も、近所の年寄りとする機会が無くなったと言うことですね。

日本の関係性は、希薄になり、無責任になっている。

だからこそ、種としての日本人を考えるべきである。

投稿者 t_butta : 19:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月06日

そろそろ


このブログも、つまらないまま続いて居ます。

本格的に公開に踏み切ろうか、どうしようか迷っています。


どうせ、くだらない話に終始するに違いないし、ほかの人たちみたいに高尚な話とか、ユーモアいっぱいの話とか、出来ないし。


まあ、でも、何となく、こうしてサイトで、制限かけずにみられるようにしていると言うことは、誰でも見ていると言うことでしょうね。


農水省の人も、総務省の人も、時には、警察とか、、、
あとは、個人的に恨みのある人とか。。。

まあ、読んで頂いているのは、数人でしょう。


私みたいに、ただのフツウーのオヤジが、関心をひこうなんて、どだい無理な話ですね。

若いぴちぴちのギャルとか、イケメンとかにはかないません。


何しろ、ただ、子供が年取っただけみたいなもんで。

でも、売れないホームページも、無駄な努力で、見てもらえるようにがんばってみますかね。

アクセスログ、どうなってますか。

投稿者 t_butta : 19:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月05日

強化合宿

合宿と称して、夜勉強会を実施する。


今までは、なかなか実を結ばなかった部分も多かったが、ここに来て、ようやく、少しずつではあるが、成果が、出始めている。


私の難解な言動が、どうもよく理解できないのは、当然といえば当然のこと。


しかし、それを理解しようとしはじめている。


今の国家観の中にあって、新たな芽生えをどう生み出すか。

価値のパラダイムをどう整理するか。


ということである。


価値の変遷を評価することである。

・・・

投稿者 t_butta : 23:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月04日

関係

最近、人との関係が仕事になっている。

会社、役所、家族、友人。


人とかかわることが、ウエイトが多くなっている。


もの作りから関係を築く時代。

アナタとワタシ、の関係。


そう、関係性の時代。

それが、価値を持つときである。


>>>>>>>

投稿者 t_butta : 04:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月03日

3日坊主


この手の書き込みは、過去には、いつも3日もしないうちに、やめてしまっていた。


ブログとなると、管理画面をすぐ立ち上げて、さくさくと書き込みが出来る。


外に出ることが多い自分にとってケータイから書き込みが出来るのもいい。


それから、プログの本格利用は、データーベースですね。


たぶん近いうちに多くのサイトがブログになるのでは無いかと思います。

なぜかって、、、簡単だからです。

投稿者 t_butta : 19:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月02日

中央フリーウェイ


暁の中央高速



オレンジレッドの太いラインをカラーリングしたロードスターが抜いてゆく


路肩には道路公団車輌に扮した覆面がスピード違反らしき車を止めている


そうこうしているうちに、新宿の高層ビルが見えてくる



ゆっくり走っているJAGUARを抜く

首都高に入り、サーキットがはじまると明るくなってきた

投稿者 t_mobile : 05:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月01日

多摩丘陵


農業者大学校の近くにある、聖蹟記念館

学生時代以来。


明治天皇が、多摩丘陵を行幸されたきにつくられたらしい。

そして、仮面ライダーレインボーマンなどの特撮のアジトとしても使われた


昔は、雑木林の山だったが、今は、整備されて公園になっている。


広場が出来て、舗装道路がついてきれいにはなっているが、つまらない。


なんて、ばかなことをするのだろうか。

投稿者 t_mobile : 13:30 | コメント (0) | トラックバック