« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月14日

江掘り・江ざらい

農村の春を告げる最初の行事。

水田の用水をながれるように掃除することを江堀りまたは、江さらいなどという。
この表現は、集落や地域で変わる。
井堀・井ざらいというところもある。

いずれにしても、土手が崩れたり、石やゴミが流れてきて、溜まったもののそうじ。

昨日は、雨がふり寒い1日だったが、行われた。

風邪をひくくらい寒い日だった。

3月に雪が舞うのも、珍しい。

投稿者 t_butta : 00:32 | コメント (1) | トラックバック

2006年03月07日

種まき

今年は、稲の種まき機を新調。

正確に播種することが出来るようになると、薄蒔きが可能に。

今回の機械は、ある一定の精度〔欠株が出ない程度〕はひと箱60グラム程度となる。
いままでは、80グラム程度だった。

となると、80グラムで播いても、精度が遙かに上がることになる。

機械の更新で、より精度の高い、播種ができ、田植え時には、欠株が少なくなることとなる。

これで、薄蒔き粗植が可能となり、良い米をとるための改善が大幅に進む。

今年の品質と作柄向上に期待したい。

投稿者 t_butta : 02:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月01日

設立記念日

ぶった農産が法人化して19年が経ちました。

これも、皆様のおかげです。

株式会社化して五年が経ちました。

時間ばかりが経ち、お客様にたいしてまだまだ十分ではございません。

今後とも、一つ一つではありますが、改善を重ねて参りたいと思いますので、よろしくお願いします。


会長〔佛田孝治〕が、先代無きあと、中学を卒業し、正式に農業について五十四年が経ちました。

私〔佛田利弘〕は、まだ、二十四年です。
会長より社長を継承して、はや五年。
まだまだ、代表を務めるにあたり、精進せねば、身がひきしまります。


皆様のご愛顧、指導を賜りながら、努めて参りたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。


                佛田利弘 拝

投稿者 t_butta : 03:32 | コメント (0) | トラックバック