« 2011年07月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月20日

食と農林漁業の再生実現会議

今日、15時から、官邸で、第7回の食と農林漁業の再生実現会議が開かれる。

野田総理が、出席される最初の会議である。

野田さんが財務大臣時代は、何度か出られているが、総理としては初めて。


農林漁業の再生問題を論議することになっており、一定の集約が図られることになっている。


私が指摘したいのは、今までの政策の成果(結果責任)として何ができたのか(構造改革)という点である。
UR(ウルグアイラウンド)以降の成果である。


また、10アール以上の稲作農家に支払われている戸別所得補償と大規模な農家に政策を集約する構造政策との矛盾である。


後ほど、今日提出の意見書をアップしますね。


投稿者 t_mobile : 06:10 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月10日

読売新聞

TPPに総理が考えを固めたという記事。


どんな動きがあるのか?


投稿者 t_mobile : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月08日

白菜

栽培している白菜


葉が開いてきた。

しっかり結球するようやや遅めの定植。


投稿者 t_mobile : 21:02 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月07日

幾多郎

西田幾多郎(1870‐1945 年)『善の研究』から

私は何の影響によったかは知らないが、早くから実在は現実そのままのもので
なければならない、いわゆる物質の世界という如きものはこれから考えられたも
のに過ぎないという考を有っていた。まだ、高等学校の学生であった頃、金沢の
街を歩きながら、夢みる如くかかる考に耽ったことが今も思い出される。そのこ
ろの考がこの書の基ともなったかと思う。
(西田幾多郎『善の研究』岩波文庫, 昭和12 年, 1937, P.7)

経験するというのは事実其儘そのままに知るの意である。全く自己の細工を棄てて、事実に従うて知るのである。純粋というのは、普通に経験といっている者もその実は何らかの思想を交えているから、亳も思慮分別を加えない、真に経験其儘の状
態をいうのである。たとえば、色を見、音を聞く刹那、未だこれが外物の作用であるのか、我がこれを感じているとかいうような考のないのみならず、この色、この音は何であるという判断すら加わらない前をいうのである。それで純粋経験は直接経験と同一である。自己の意識状態を直下に経験した時、未だ主もなく客もない、知識とその対象とが全く合一している。これが経験の最醇なる者である。
(同上 P.13)

我々は少しの思想も交えず、主客未分の状態に注意を転じて行くことができるのである。たとえば一生懸命に断岸を攀よずる場合の如き、音楽家が熟練した曲を奏する時の如き、全く知覚の連続perceptual train といってもよい。また動物の本能的動作にも必ずかくの如き精神状態が伴うているのであろう。これらの精神現象においては、知覚が厳密なる統一と連絡とを保ち、意識が一より他に転ずるも、注意は始終物に向けられ、前の作用が自ら後者を惹起しその間に思惟を入るべき少しの亀裂もない。これを瞬間的知覚と比較するに、注意の推移、時間の長短こそあれ、その直接にして主客合一の点においては少しの差別もないのである。
(同上 P.16)


西田は、石川の人である。
したがって、このような人がなぜ、石川で生まれたか。
それが、世界的にみても、傑出した哲学であるということ何か。
「主客未分」ということを教えてくれた。

投稿者 t_butta : 17:12 | トラックバック

2011年10月04日

TPP

稔の秋を迎えている。

今年の米の出来はまずまずという。

私のところは、高温長雨にもかかわらず、いつもながらに収穫を迎えた。


11月にAPECを控え、TPPについての議論も、水面下で活発化していると聞く。

八月の菅首相のもとでの食と農林漁業の再生実現会議での中間提言で、稲作の主業経営の確立を掲げた。

しかし、一方で、戸別所得補償の給付対象の水準と範囲の議論はされていると思えない。

政策の整合性を新体制はどうとらえるのか。

まだまだ、国内でやるべきことは山積だし、政策や行政だけで解決しないことも多い。
農業改革は、行政だけがやるという呪縛からどう脱却できるかだ。

投稿者 t_mobile : 09:31 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月03日

JGAP

今日、JGAP(農業行動規範)の現地中間審査。

農場の品質管理。

午前中から、夕方いっぱい書類と現地を見て、ヒアリングを受ける。

現地審査終了。

リスク管理にこれでよいというものはないし、日々が改善である。


投稿者 t_mobile : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月02日

コンバイン

コシヒカリの収穫は、先週に終わる。

あとは、特別栽培のもち米の新大正糯と酒米の山田錦が残るだけに。

昔はこれぐらいの二条刈りのコンバインだったが、今は五条刈りを使っている。


投稿者 t_mobile : 16:24 | コメント (0) | トラックバック

2011年10月01日

献穀

白山さん

十月一日

一日詣りでコシヒカリを献穀


toshihiro_butta iPhone


投稿者 t_mobile : 09:09 | コメント (0) | トラックバック