« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月29日

国連生物多様性の 10 年

金沢駅にかかる告知幕。

たしかに重要なことだ。


このようなことをいかに生活側に近づけられるかだ。


多様性と経済性、または、合理性との整合がもとめられる。

たしか、日本農業普及学会の夏のEXセミナーで、金子美登(かねこよしのり)さんと宇根豊(うねゆたか)さんと、シンポジウムをやったが、そこで投げかけた課題は、「有機農業と資本主義」。

もうすぐ、学会からレポートが出される予定と聞いている。


投稿者 t_mobile : 07:26 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月26日

白山を望む朝

自宅近くの田んぼから望む白山。


昨日の天気がうそのような朝。


すがすがしい朝は気持ち良く、素晴らしい。


投稿者 t_mobile : 09:22 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月25日

報恩講

このあたりでは、「ほんこさん」という。

親鸞の命日にちなみ、この家々を僧侶ともにお参りしてまわる。

浄土真宗大谷派の門徒である。
若い頃は、わからなかっが、いま、少しはわかるようになってきた。


宗教もいろいろあるだろうが、作法やその存在はそれぞれである。


投稿者 t_mobile : 17:58 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月24日

大荒れ

昨晩から、ぶり興し(冬雷)と風邪が吹く。


いよいよ、本格的な冬を迎える。

かぶや大根に甘みが増す。


投稿者 t_mobile : 05:09 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月22日

金沢から見える白山

金沢砂丘の高台から白山が眺望できる。


いつもは、自宅からはみえる白山とは違う姿。


金沢市内からは見えない白山が、砂丘の高台から見えるのに驚いた。


白山は不思議な存在。


投稿者 t_mobile : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月21日

共感は、人類の資本である

HBR(Harvard Business Review)の2011年12月号3ページ。山極壽一氏。

人類こそが、共感という心を持つと。

そして、共感という資本からもっと多くのものを享受できるという。


たしかに、共感によって多くのことが実現されている。



投稿者 t_mobile : 01:38 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月20日

薔薇

徐々に寒くなるなか、一輪の薔薇が咲く。

投稿者 t_mobile : 10:47 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月19日

かぶ

今年、9月には長雨で、生育が抑制され、そのあとは暖かい天気が続く。


ようやく、それなりの大きさになってきた。

ついこのあいだまで、どうなるか、全く予想がつかなかった。


天気は恐ろしく予想がつかない。


ただ、天に身を委ねるしかない。


投稿者 t_mobile : 23:47 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月18日

生き抜いた私

パリソウラ・ランプソスの『サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白』を和訳された方から頂いた。

なぜ、この本を訳されのですか?と尋ねてみたら、彼女は最終的にスウェーデンに亡命したかららしい。
頂いた方は、スウェーデン在住の日本人。

このような波瀾万丈の本を訳するのは勇気がいるに違いない。


早速、読んでみる。


投稿者 t_mobile : 21:43 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月15日

食あれば楽あり

今日の日経、小泉武夫先生の『食あれば楽あり』のコラムは[バイ貝]だ。

食道楽の話に、悪口はない。楽しい話しばかり。
不思議な話しで、美味しい話しは元気になる。

今日は、久しぶりに仲間と会うが、美味しい話しになるに違いない!?


投稿者 t_mobile : 06:37 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月12日

Prof,Hugo Tschirky,PhD,DBA

世界的に著名なMOT教育の第一人者であるヒューゴ・チルキー氏(スイス連邦工科大学教授)からイノベーション創出のマネジメント(技術経営:MOT)の話を聞く。
氏は、核反応工学と経営管理の学位を持ち、Carl Zeiss Ltd(スイス)やCerberus LtdのCEO(最高経営責任者)を務めた経験を持つ。

話は、ほとんど英語だが、おもしろい。

イノベーションって特別なことではないと思った。

投稿者 t_butta : 18:43 | トラックバック