« Y氏 | メイン | ラストラン »

2011年05月17日

O君

昨日は、我が家に住み込んでいるO君の28歳の誕生日だった。

彼は、ある大学の博士後期課程を卒業した農学博士である。


寝食を共にし、農家の内側から農業を学ぼうということである。


仕事で疲れている日々の生活に、ある一点の光明とは、彼の存在ともいえる。


控えめで、しかし、陽気さもあり、慎重な彼は、懐の深さを感じさせてくれる。


日々の食事も飽きずに食べてくれるし、こんな心根のいい青年は少ない。

研究者のとしての実力の開花はいまからなのだろうが、なにしろ人間的な土台の良さに惹かれる。

自分が、これくらいの年には、仲間と日々、夜学勉強会をやっていたことを思い出す。

その時学んだことが、いまの肥やしとして効いている。


彼の将来を楽しみにしたい。

投稿者 t_butta : 2011年05月17日 03:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.butta.jp/cgi-bin/mt334/mt-tb.cgi/1142