« 左義長 | メイン | 誕生米 »

2013年02月11日

食あれば楽あり

今日、2月11日(月)の日経新聞の小泉武夫さんのコラム。

「冬の握り鮨」の話し。
キンキ、ヒラメ、マコガレイ、プリの握り鮨が話題だ。

最後に書かれている白山市美川の天然プリの握り鮨の話はとても身近に感じる。


かぶら寿しは、なれ寿しだか、ここに出てくる、プリの脂の旨味と酢飯の酸味という組み合わせに近いものがある。

酸味と脂の旨味の組み合わせは、時代を経ても変わらないのだろう。


投稿者 t_mobile : 2013年02月11日 14:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.butta.jp/cgi-bin/mt334/mt-tb.cgi/1325

コメント

コメントしてください




保存しますか?