« 誕生米 | メイン | 林郷八幡神社春季大祭 »

2013年03月05日

イノベーション

今日の日経二面。「TAWAWA1」稲作を救う? のコーナー


米が日本で余り始め、およそ40年。

米の平均収量がほとんど増えていない。

米をたくさん穫ることに、何か不思議な罪悪感が漂っていたように思う。

ある意味、収量増へのイノベーションは止まっていたように思う。

一割増収すれば、相対的コストは約一割下がる。

政策や予算の支援ばかりでなく、基本は自助努力にある。

この取り組みが本格的に始まる。


投稿者 t_mobile : 2013年03月05日 07:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.butta.jp/cgi-bin/mt334/mt-tb.cgi/1327

コメント

コメントしてください




保存しますか?